シーエフネッツのセミナーを受けてみよう!

連帯保証人不用のサービス

男女

審査時間を短縮させるには

賃貸物件を借りる場合には、連帯保証人を用意する必要があります。しかし、身内がいない人やお金の問題をお願いするのは気が引けるという人にとって、連帯保証人を用意することは簡単ではありません。そんな中で需要が拡大しているのが、賃貸保証会社です。賃貸保証会社と契約しておけば、入居希望者は連帯保証人を用意する必要はなくなります。借主が家賃を支払えなければ、賃貸保証会社が代わりに支払うことになるため、貸主としても安心です。賃貸保証会社は、連帯保証人を用意できない人だけでなく、物件に対するすべての入居者に契約を義務付けることもできます。家賃の支払いが滞納した際に、必ずしも連帯保証人が肩代わりしてくれるとは限りません。場合によっては連帯保証人も家賃を支払えないこともあります。入居者全員から確実に家賃を回収したいという貸主は、入居の条件として賃貸保証会社との契約を義務付けると良いでしょう。賃貸保証会社は、ただ滞納した家賃を肩代わりするだけではありません。当然、入居者の家賃滞納は最も避けたい事態なので、入居者を決める際には独自の審査を行います。審査方法は会社によって異なりますが、クレジットカードの審査と似ています。信用調査をした上で、家賃を支払うだけの能力があると判断した人だけに入居を許可します。信用調査を行ってくれるということは、不審人物が入居することを防ぐことにも繋がります。家賃だけでなく、安心や安全を守るためにも賃貸保証会社は役立つでしょう。