シーエフネッツのセミナーを受けてみよう!

賃貸契約における新制度

男性

双方にメリットがでる制度

賃貸で物件を借りる際は必ず家賃という賃料が発生します。その為、不動産での物件の契約時には、ほとんどの場合が連帯保証人を付け、契約をしなくてはなりません。しかし、今の日本では核家族化が進み、一人で暮らしている方が多くいます。また、少子高齢化による独り身のご老体の方も多いです。その為、兄弟や親に連帯保証人になることをお願いすることに苦しんでいる方が多くいます。しかし、物件を貸し、その賃料で経営をしている不動産業界としては、連帯保証人を付けずに契約をすると、家賃未払時に代わりに払う役目の人がおらず、借主を追い出した上で泣き寝入りする他なくなる為、必要な契約条件となるのです。そこで誕生したのが家賃債務保証を担う会社です。家賃債務保証を簡単に説明すると、賃貸契約時に連帯保証人を探すのが困難な人の方に、代行で連帯保証人になって、不動産業者への家賃の支払いの責任を保証する制度となっております。これにより、連帯保証人を探すのが困難な独り身の方や、ご年配者、外国からきた移住者などでも気軽に賃貸物件を借りることが可能になりました。また、賃貸物件を取り扱う不動産業者としても、家賃債務保証を他会社に任すことにより、家賃不払いなどのリスクを負わずに物件を貸すことが可能となりました。また、家賃債務保証の制度により、家賃を踏み倒すなどの借主によるトラブルの減少にも効果がありそうです。今後の日本を考えると必要不可欠な賃貸契約における制度ではないでしょうか。